オーボエの音色が悪い!音程の合わせ方のコツとは?

オーボエを演奏していると音程が合わない!なんてことがありますが音程が合わないと
音色が悪くて良い演奏ができませんし何か気持ちが悪いですよね!

そこで今回は、オーボエの音程の合わせ方のコツについてご紹介していきますのでなかなか合わせられないという方はしっかりとご覧ください!

正しい音程がわからなければオーボエの音程の合わせられない?

まず、オーボエ奏者にとって「音程を判定できる」ということが重要で自分で音程が合っているのか分からなければ正しい音程に調整できませんよね。

そのため、まずは正確の音程を把握することが一番です。

音程が合わない理由【リードが良くない!】

また、音程が合っていない原因としてはいくつか考えられまずはリードが良くないというパターンです!

リードがおかしくなっていると音程が合わなくなります。

音程が合わない理由【息の圧力】

また、息の圧力もポイントで音程の合わせ方としてはリードや息の圧力で合わせるのです。

自分の中でいろいろ工夫しながら自分なりに音程を合わせるのが一番です。

とにかく、オーボエは難しくて音程を合わせるのも大変ですが音程を合わせるためには、まずは正確の音程を知ることが大切となります。

そして、音程の合わせ方としてはリードや息の圧力で調整しましょう。

なかなか難しいものですが音程を合わせてキレイな音色を出してみてください。

オーボエの音程を合わせることができてもキレイな音色で吹けるとは関係が無い・・・

今回は音程の合わせ方のポイントを見てきましたがご自身の音感で調整していく「音」に関しては実際に演奏してみるとイメージ通りにいかずにうまくいかないことも多いそうです。

これは本や文章で学んでいくことの限界かもしれません!

オーケストラなどでオーボエを演奏していた人に直接教えてもらえれば音程の合わせ方ならすぐに教えてもらえるのですがなかなか難しいのが現実です。

実際にオーボエを教えている先生は日本でも数少ないともいわれていますからね。

こちらのサイトでは今後こうした問題を解消できるコンテンツをご用意できればな?と考えています。

◆オーボエの吹き方をプロから直接、自宅で学べる
◆教室に通うことなく空いた時間に取り組める
音程が悪い原因がわかり自分で合わせることも簡単にできる

また、オーボエで最も苦労すると言われる音程ですが
音程が狂う正しい理由と解決策を知っていれば怖くありません。

そんな音程を安定させるための方法と練習の仕方も解説されています。

ウィーンフィル・フィルハーモニー管弦楽団の元オーボエ奏者が推薦!
オーボエのプロから学ぶ。
➡オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座とは?

こちらもよく読まれています。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

オーボエの初心者でも簡単なキレイなビブラートを出すコツと3つの方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする