オーボエの高音の吹き方と運指のコツとは?

オーボエで高音を出すのが難しいと感じている人が多く、長く吹き続けられないという悩みを持っている方もいるそうです。

オーボエでキレイな高音を吹けたら気持ちがいいのに・・・

それはわかっているけどイメージしているものと自分で出す音色がなかなか一致しないのが現実なんですよね。

そこで今回は、オーボエで高音の吹き方と運指のコツについてご紹介していきますので
思い通りの音色を手に入れたい方はしっかり見ていってください!

キレイな高音を出そうと力んでも吹けない理由とは?

オーボエで高音を出すのは難しいのですがコツとしてはお腹に力を入れることですが、なかには喉と胸の力で高音を出そうと力んでしまう方がいますが間違いなんです!

高音を出すときには、お腹に力を入れるのがコツなのでまた、リードを工夫するのも高音のコツです。

リードによっては、高音域が楽なものがあるのでリードにて工夫してみてください。

高音域での運指のコツ!

運指については練習が一番でしっかりと運指をマスターすることが肝心となります。

高音域の運指の訓練をしてマスターしましょう。

オーボエは難しい楽器といわれなかでも高音はとくに難しいですが高音の吹き方のコツとしては、お腹に力をいれることです。

また、リードによっては高音域が出やすいものがあるのでリードで工夫する選択もあります。

高音の運指については練習あるのみでオーボエでキレイな高音を吹きたいなら運指は練習でマスターしましょう。

高音を吹けるようになるとオーボエが楽しくなりますので高音を吹けるように地道に練習していきましょう。

オーボエでキレイな高音を思い通りに吹くには?

今回はオーボエできれいな高音の出し方と運指のコツを見てきましたがこうした感性を大切にする部分を文章で学んでも実際にやってみるとうまくいかないことも多いそうです。

これは本や文字で学んでも上達できない理由なのかもしれません!

オーケストラなどで実際にオーボエを演奏していた専門家のそばで吹き方や運指を見て学ぶことができれば一番いいのですがそうした知り合いにそうした人がいるなんてことは現実的ではないですからね。

こちらのサイトでは今後こうした問題を解消できるコンテンツをご用意できればな?と考えています。

◆教室に通うことなく
◆自宅で好きな時にプロの運指を見ながら練習できる
きれいな高音も運指のコツもラクラクマスターできる

ウィーンフィル・フィルハーモニー管弦楽団の元オーボエ奏者が推薦!
オーボエのプロから学ぶ。
➡高音の吹き方と運指のコツとは?

また、こちらもよく読まれています。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

オーボエの初心者でも簡単なキレイなビブラートを出すコツと3つの方法!

ここ10年位になると思いますが
アイルランドやイギリス、スコットランドの
音楽に興味を持っています。

きっかけはベタですがタワーレコードで民族音楽特集で耳にした
チーフタンズでした。

比較的初期の作品で「8」という物でしたが
悲しげな音階とイーリアンパイプというバクパイプににた音と
それぞれ楽器の演奏レベルの高さに興味を持つと同時に驚きました

そしてアンサンブルではフルートが
非常に効果的に構成されていたことも魅力の一つですね!

もちろんこのジャンルにその後ドップリとはまって行くのですが
ーボエとは違った魅力のあるフルート奏者は
世界的に認められているそうですよ!

今後オーボエで高音を出したり運指のコツも調べてみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする