オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツと練習方法!

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツは無いのか?
とお悩みのあなたへ。

ギネス公認の難しいとされる楽器「オーボエ」ですが
「キレイな音がなかなかでない」
「呼吸法が難しい」
「指がうまく動かない」
「教室に行きたいけどオーボエを教えてくれるところが少ない」
といったお悩みを抱えている方は多いそうです。

そういった事が消え去って
「誰に聞かせても良いサウンドだね!」
といわれるくらいオーボエが上達したらどんなに素晴らしいでしょうか?

当サイトではそんなお悩みを解決する
オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ
について随時ご紹介していきます!

ぜひあなたのお悩みの解消にお役立ちできれば幸いです。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の練習方法とは?

チェック思うようなサウンドが出せないとお悩みのあなたへ

■音程がなかなか合わない
■指使いが難しい
■息継ぎが出来ない
■そもそも楽譜が読めない

◆自宅で好きな時に空いている時間を使って学べる
◆憧れのきれいなオーボエの高音を手に入れることができる
◆プロ顔負けのサウンドを思うように操ることが出来るようになる!

➡詳しく知りたい方はこちら!

当サイト管理人おすすめの記事【TOP5!】

こちらでは当サイト管理人がおすすめする記事をご紹介していきたいと考えています。

当サイト管理人おすすめの記事【TOP1】

オーボエの初心者でも簡単なキレイなビブラートを出すコツと3つの方法!

オーボエの魅力といえばあのきれいな音色ですが
その音をより魅力あるサウンドへとかえていくのはビブラートではないでしょうか?

こちらではオーボエでビブラートを聞かせ
思い通りに演奏するやり方をご紹介しています!

是非ご参考にしてくださいませ。

当サイト管理人おすすめの記事【TOP2】

オーボエの初心者でも出来る吹き方コツとポイント3つ!

難しい楽器として有名なオーボエですがあるコツを抑ええれば
たとえ初心者でも吹くことができます。

そのコツやポイントとは?

当サイト管理人おすすめの記事【TOP3】

こんな方法なら初心者でも間違い無し!オーボエリードの選び方のポイント!

こちらではオーボエ初心者がどんなリードを選べばよいのか?
そのポイントをご紹介しています。

選び方を間違えないようしっかりと呼んでくださいね!

当サイト管理人おすすめの記事【TOP4】

こんなやり方なら初心者でも簡単!オーボエのレッスン!

こちらはオーボエ初心者がどんなレッスンをすれば上達できるのか?
ということについて書いています。

息継ぎや呼吸法をマスターしたいとお考えの方は
是非ご参考にしてくださいね!

当サイト管理人おすすめの記事【TOP5】

オーボエ初心者の練習方法のコツとポイント!

初心者でなくとも効率的に練習して上達したいと考えると思います。

こちらでは教材やDVDを使ってのオーボエが上手く吹ける方法をご紹介しています

これから始める方にとっては何で学んでいくのか?
という判断基準になると思います!

サイトメニュー

リードの選び方

リードの選び方

こちらではオーボエを学んでいく際になくてはならないリードの選び方をご紹介いています。

自分にピッタリよく合うリードを選ぶコツとは?

簡単レッスン

簡単レッスン

意外に思うかもしれませんが吹かずに練習することが
オーボエを上達させるのがコツなのですが、その簡単なコツとレッスン方法をご紹介していきます。

初心者吹き方のコツ

初心者吹き方のコツ

初心者がオーボエを挫折してしまう事に「息継ぎが難しい」ということがよく言われています。

そうした吹き方のコツなどをまとめて紹介していますので、ぜひご参考にしてくださいね!

練習方法

練習方法

指使いが難しいと言われるオーボエですがある練習をする事で運指がスムーズにできるようになると言われています。

こちらではそうした練習方法などをご紹介しています。

音色やビブラート

音色やビブラート

オーボエを始める際に「あんな風にキレイなビブラートが吹きたい」という事がきっかけとなっている方も多いそうです!

確かに綺麗な音色を出すことが出来て、しかも思うようにビブラートをかける事が出来たらどんなに気持ちが良いことでしょうか?

そうした音色についてご紹介していますのでご参考にしてください。

運指

運指

こちらではオーボエの運指についてご紹介しています。

上達したいとお考えの方には変え指のコツを知りたいと
思っている方も多いと思いますのでこちらをご参考にしてくださいね!

きれいなオーボエの音色を聞いてみましょう!

こちらの動画「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の
オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314ではきれいなオーボエの音色を堪能することができます。

1:30~一分間だけでいいので見てみてください!

ふくよかでワントーンでも強弱をつけた音色には
思わずウットリしてしまうと思いますよ。

私はこの演奏を目をつぶりながら聴いてみました。

するときれいな青空が浮かんできて少し遠くに山が見えて
その後ろに様々な形をした雲が動いている様子が見えるようでした。

モーツァルトの楽曲を光に変換すると
きれいなプラズマが表になって表れるともいわれていて
本人は音を光としてみていたのではないか?
とも言われています。

私はそうした能力を持ち合わせませんが
こちらの動画を見て浮かんできた雲がどこか遠くへと
運んでくれるようにも感じてしまいました。

音楽の持つ不思議な力とオーボエの魅力がたくさん詰まった動画ですね^^

➡TOPへ戻る

一口コラム

オーボエの心をぐっとつかむようなサウンドは
一度耳に焼き付いたら離れませんよね!

そして自分でもそんな音色を
奏でてみたいと考える方は多いと思います。

しかし、音楽というものはどうして
人の心に訴えかけてくるのでしょうか?

以前こんな逸話を聞いたことがあります。

この方は昭和の成長期にいろんなことを手がけ
成功と失敗を繰り返した、業界では有名な方だそうでした。

その方は大変ご苦労の多い人生を歩んできたためか
趣味としているアコーディオンを、他の人に聞かせると
みんな涙を流してしまうそうです。

何故かは分からないのに涙が出てしまうのだそうです!

これは逸話ですが、楽器で奏でる音は人によって違う事はよくご存じだと思います。

しかしこうして苦労を重ねたせいなのか
人の心をギュッとつかんで離さないようなサウンドを
こちらの方は出すことが出来るんですよね!?

実際に聞いたわけではないので真意は分かりませんが
これが本当であれば、オーボエにだって当てはまると思いますし
私たち一人ほとりにもこうした音色を奏でる事が出来るのかもしれませんね^^

これからオーボエを始めようとされている初心者さんでも
楽しく練習を重ねていけばこうした卓越した音楽家になれる気がします!

当サイトではこうした音楽を演奏できるように
情報を更新していきたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする