唇が疲れる!その対策とは?

こちらでは、オーボエを演奏するとき
唇が疲れることについて解説していきます。

その原因と対策についても
詳しくご紹介していきます!

唇が疲れる原因は?

オーボエ奏者の中には
演奏すると唇が疲れるという人がいます。

オーボエのリードは小さくて細いため
息を吐くときに力が入るアンブシュアになりがちです。

無駄に力が入ってしまう原因には
リードを深く咥えていることも関係しています。

細く小さいリードが抜けないよう
唇を巻き込んで深く咥えるアンブシュアで演奏を続けると
唇や口輪筋が疲れてしまうのは当然ですね。

リードにとって唇は、クッションのようなものです。

クッションが固いといい演奏はできません。

対策としての疲れにくいアンブシュアについて

疲れにくいアンブシュアは
下唇の真ん中にリードの先をのせ
唇を巻き込んで閉じる形が理想的とされています。

口の端に隙間ができないよう
唇の上下左右からリードを支えるように意識すると
無駄な力が入らずに演奏しやすくなりますよ。

以上、オーボエを演奏するときに
唇が疲れることについてご紹介しましたので
ぜひ参考にしてみてください!

ウィーンフィル・フィルハーモニー管弦楽団の元オーボエ奏者が推薦!
オーボエのプロから学ぶ。
➡オーボエで唇が疲れない口の使い方とは?

こちらもよく読まれています。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする