組み立て方

こちらでは
オーボエの組み立て方について解説していきます。

コツをつかんでしまえば
短時間でできるようになりますので
何度も練習していきましょう!

オーボエの組み立て方について!

組み立てる前段階として、リードを水につけておきます。

そのとき、葦(木製部分)だけをつけましょう。

新しいリードは5分
使い慣れたものは1、2分程度漬けたら
ガーゼで水気を拭き取ります。

次は本体を組み立てます。

下から上に向かって取り付ける

本体は、一番下の部分のベル
真ん中の部分の下管
一番上の上管の3つに分かれて出来ています。

各ジョイント部分のコルクに
コルクグリスを塗り滑りを良くしておきましょう。

そして、一番下のベルと真ん中部分の下管を繋げ
その上に上管を取り付けます。

下から上に向かって取り付けると覚えておきましょう。

組み立て終えたら、本体を軽く温めますが
手でやさしく包むように温めましょう。

目安は人肌程度です。

本体が冷たい状態で息を吹き入れて演奏すると
管がひび割れてしまう原因になるので避けてくださいね。

以上、オーボエの組み立て方についてまとめましたので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ウィーンフィル・フィルハーモニー管弦楽団の元オーボエ奏者が推薦!
オーボエのプロから学ぶ。
➡オーボエの組み立て方のコツとは?

こちらもよく読まれています。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする