音程が合わないときの対策!

こちらでは、オーボエの演奏で
音程が合わないことについて解説していきます。

オーボエ奏者が自分で音程が合っているのか分からなければ
音程の調整はできませんね。

そんなときの2つの理由をご紹介していきますので
最後までしっかり読んでいきましょう!

オーボエの音程が合わない2つの理由とは?

1つ目の理由

1つ目は、リードに問題がある場合です。

リードが自分のオーボエに合ったものを使っていなければ音程が合いません!

リードの開きも大きく関係しているので
吹きやすいリードに調整してみましょう。

2つ目目の理由

2つ目は、吐く息の圧力です。

音程を合わせるには、息の圧力も意識してみてください。

オーボエを演奏するには多くの息は必要ありません。

何度も繰り返し吐く息の圧力を調整しながら
音程が合う息の吐き方・圧を試してみてください。

オーボエは音程を合わせるのが難しい楽器ですが
正確な音程を把握して自ら調整できる技術を身につけましょう。

以上、オーボエの演奏で音程が合わないことについて
まとめましたのでぜひ参考にして練習してみてくださいね!

ウィーンフィル・フィルハーモニー管弦楽団の元オーボエ奏者が推薦!
オーボエのプロから学ぶ。
➡オーボエの音程の合わせ方とは?

こちらもよく読まれています。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする