正しい口の形について!

こちらでは、オーボエの
正しい口の形について解説していきます。

口の形や口の中の開いた状態を
アンブシュアを言いますが
正しい口の形のポイントとは・・・?

正しい口の形のポイント

1、リードの先を下唇に軽く当て、そのまま下唇を巻き込むように咥えます。

2、上唇は軽く巻き、リードに添えてましょう。このとき、噛まないように気を付けます。

3、リードが1/3〜1/2程度隠れるよう咥えます。

4、カタカナのエを発音するときの口の形をつくります。左右に開きすぎず、少し口角を上げることを意識しましょう。

5、顎を軽く引き、喉が開く感覚で息の通りをよくしましょう。

6、このアンブシュアをできる限り保ったまま吹くように努めます。

口の形を確認するときは
鏡を見ながら練習することをおすすめします!

正しい口の形はオーボエ演奏者にとって基本中の基本です。

初心者の段階でしっかりマスターしておくと
後々役立ちますよ。

以上、オーボエの正しい口の形について紹介しましたので
ぜひ参考にしてみてくださいね!

ウィーンフィル・フィルハーモニー管弦楽団の元オーボエ奏者が推薦!
オーボエのプロから学ぶ。
➡オーボエでの正しい口の形とは?

こちらもよく読まれています。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする