方呼吸法について

こちらでは、オーボエを演奏するときの
呼吸方法について解説していきます。

どんなやり方が一番いいのでしょうか?

ご紹介していますので
順番に見ていきましょう!

必要不可欠な腹式呼吸

オーボエの演奏には、腹式呼吸が必要不可欠です。

オーボエの場合は、サックスやフルートを演奏する時ほど
多くの息は必要ありません。

たくさん息を吸おうとせず
肩を上げずに吸う腹式呼吸法を意識しましょう。

呼吸方法のポイントは?

呼吸法法のポイントは?

というと

1、肩の力を抜きます。(脱力状態)

2、仰向けまたは椅子に座り、10秒ほど息を細く吸いましょう。
息を細く吸っていると胸に圧力がかかって苦しくなりますが
同じスピードで吐き続けます。

3、吸った息と同じスピードで吐きだします。
一気に吐き出さないよう、スピードを意識しましょう。

オーボエを演奏するときも
ロングトーンでは胸に圧力がかかって苦しくなります。

吸って吐く時間を少しずつ伸ばす練習を続けることで
オーボエの呼吸法をマスターできます。

以上、オーボエを演奏するときの呼吸方法についてまとめましたので
ぜひ参考にしてみてくださいね!

ウィーンフィル・フィルハーモニー管弦楽団の元オーボエ奏者が推薦!
オーボエのプロから学ぶ。
➡オーボエの呼吸法法のコツとは?

こちらもよく読まれています。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする