タンギングのコツについて!

こちらでは、オーボエの
タンギングのコツについて解説していきます。

しっかり身に着けて
素晴らし演奏ができるようにして行きましょう!

オーボエでのタンギングのコツ!

タンギングとは、舌を使って音の出だしをはっきりさせたり
1つ1つの音を区切る演奏方法です。

オーボエのタンギングのコツは

・アンブシュアの安定

・スムーズな息の流れ

・舌を柔らかく使うことです。

アンブシュアの安定のためには
リードを咥えるとき唇を丸めリードだけで吹いてみましょう。

その際、唇の形が崩れていないか
鏡で確認しながら練習するといいですね。

音のつなぎ目で息を繋げる吐き方を

スムーズな息の流れとは
タンギングごとに息を入れなおさず
音のつなぎ目で息を繋げる吐き方を意識しましょう。

最後に舌を柔らかく使うとは
舌だけ力を抜くのではなく
キーを押す指や全身の脱力も必要です。

舌に力が入っていると
スムーズに動かず速いタンギングに対応できません!

舌は息を入れることで速く動きます。

速いタンギングでは速い息の流れを意識しましょう。

以上、オーボエのタンギングのコツについてまとめましたので
参考にしてみてくださいね。

ウィーンフィル・フィルハーモニー管弦楽団の元オーボエ奏者が推薦!
オーボエのプロから学ぶ。
➡本当のオーボエ・タンギングコツとは?

こちらもよく読まれています。

オーボエ初心者が自宅でできる吹き方の簡単なコツ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする